Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネットで話題になっている?FizzBuzz問題をC++で書いてみた。

#include <stdio.h>
int main(){for(int i=0;i++<100;)
printf(printf("%s%s",i%3?"":"Fizz",i%5?"":"Buzz")?"\n":"%d\n",i);}
118byte

C++のランキングで8位タイ、1位はなんと90byte!!

どんなコードなのかすごく気になる・・・


スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ


平日忙しくなってきた・・・

あるバイナリデータのビューアがほしい場面に出会った。
バイナリデータは複数のノードでできており、
すべてのノードの情報を一覧でき、さらに指定項目でソートもしたい。

一番楽な方法で実装してみた。

まず、コマンドラインで渡されたバイナリファイルの中身をパースして、
ノードの情報をXMLで出力してくれる単純なC++コンソールアプリを作り、
そのXMLをXSLTでHTMLのテーブルにフォーマットして、
それに前にも書いた「OrderByColumn」のスクリプトを付け加えるだけ。
所要時間数時間、
見た目も使い勝手も良いビューアのできあがり。

出力したXMLファイルをシェルで起動するオプションをコンソールアプリに付け、
さらにバイナリファイルと関連付けしておけば、
バイナリファイルを実行するだけで、ブラウザでその中身を確認することができる。

もちろん、コンソールアプリからの出力がXMLなので、
他のアプリケーションでそのバイナリの情報を使いたいときは
バイナリをいちいち解析しなくても、
出力されたXMLをXMLパーサー使って必要な情報だけを取ってきて使えば良い。

連携って便利だな。


テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ライフハック マイ ライフ, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。